鹿児島県-鹿児島市-眼科-岩下眼科医院-天文館

鹿児島県 鹿児島市 眼科 岩下眼科医院 天文館
〒892-0827 鹿児島市中町6-17 SANWAビル2階(山形屋近く)
電話:099-225-6423
鹿児島県 鹿児島市 眼科 岩下眼科医院 天文館

HOME > 目の病気について > 見え方がおかしい 
 
おうはんへんせい
黄班変性
加齢により物をよく見る網膜の黄斑部に変性を来す、最近急増している眼の病気です。視力が極端に低下し、ものがゆがんで見えたり、見ようとする中心部が見えなくなったりし、徐々に進行します。時には黄斑部からの出血により突然見えなくなります。
原因
欧米並みの食生活など
症状
何となく見づらい、テレビが白黒に見える、画面が歪んでいる、人の顔が細長い、視野の中心部が暗く部分的に欠けて見えるなど
 
こうさいえん
虹彩炎
茶目が炎症を起こしたもの。虹彩の前の前房という透明な液体の入った部分に濁りがでて、ものがかすんで見えたり見にくくなったりします。膠原病などに合併して見られることもある。
症状
充血、かすみ、まぶしさ、眼痛、角膜の周りに充血
関連症状
しょぼしょぼする
 
ちゅうしんせいもうみゃくらくしょう
中心性網脈絡症
30代、40代の働き盛りの男性によく起こる病気で、片眼性です。網膜の一番よく見える黄斑部に丸いむくみができるため、見ようとする中心部が見にくくなります。視力も低下しますが、ものがゆがんで見えたり、小さく見えたり、色が変わって見えたりすることもあります。2〜3カ月で自然経過で改善することが多いが再発しやすい。
原因
過労、睡眠不足、心身のストレスなど
症状
視野の中心が暗く見える、ものが実際よりも小さく見える、ものゆがんで見えるなど
 
もうまくはくり
網膜はく離
網膜剥離の多くは、網膜に裂孔(裂けめや丸い穴ができて、そこから網膜の下に水が入り込んで、網膜が眼底からはがれる病気です。正確には、裂孔原性網膜剥離(れつこうげんせいもうまくはくり)といい、目の打撲など外傷によっても起こりますが、たいていは誘因なく起こり、近視の強い人ほど頻度は高くなります。網膜剥離の初期症状としてよくあるのが飛蚊症です。また、目を閉じると端のほうに光が走る光視症も網膜剥離の初期症状として現れることがあります。やがて剥離部位が網膜全体に広がると、視野の欠け、そして急激な視力低下、失明にいたることもあります。
原因
  • 飛蚊症(小さなゴミのようなものが見える症状)
  • 光視症(視界の中に閃光のようなものが見える症状)
  • 視野欠損(カーテンをかぶせられたように見えにくくなる症状)
症状
視力低下、痛みはない
 
はくないしょう
白内障
水晶体が濁ってくることを白内障といいます。瞳孔をみると白く見えることから「白そこひ」ともよばれます。目の中のレンズの役目をしている水晶体に濁りが生じると光を十分に通さなくなり、ちょうどスリガラスを通して外を見るように物がかすんで見えるようになります。そして濁りがきつくなると明暗だけしかわからなくなるなど視力は低下します。白内障にはいろいろな種類があります。
原因
加齢、アトピー、糖尿病、風疹、ぶどう膜炎、外傷、放射線、薬など
症状
目がかすむ、二重に見える、まぶしい、明るいところで見にくい、眼鏡が合わなくなる‥
白内障の種類
先天性白内障、老人性白内障、糖尿病性白内障、併発性白内障、外傷性白内障
 
りょくないしょう
緑内障
見える範囲(視野)が狭くなる症状が最も一般的ですが、初期は視野障害があっても全く自覚しないことがほとんどです。多くの場合、病気の進行は緩やかなので、かなり進行するまで症状に気付かないこともあります。視野の一部が欠け出し、非常にゆっくりと多くの部分が欠けていって視野障害が進行した場合は、視力が低下したり、場合によっては失明することさえありえます。急激に眼圧が上昇した場合は眼痛・充血・目のかすみのほか、頭痛や吐き気を自覚することもあります。
(なぜ気づかないのか)
一方の眼の視野が欠けていても、通常は両眼で見て視野を補っているので脳が視野が欠けている部分を補正し、見えていると認識する。
(緑内障を発見するには)
一方の目だけで、細かな字を見てぼやけて見える所がないかを探す
症状
視野が狭くなる、ぼやける、見えにくい
緑内障の種類
原発開放隅角緑内障、原発閉塞隅角緑内障、続発緑内障、発達緑内障